個人輸入の流れ

個人で海外から商品を購入する場合がどんどん増えました。この行為を個人輸入と言います。しかし、どう輸入しますか。ここで、個人輸入の流れを簡単に紹介します。

まず、買いたいものを選択します。大部分はネットショップです。ですからインタネットで調べます。買いたいものを入力すると、様々な店が出ました。海外の販売会社、小売店、メーカーなど、どちらから購入しますか。どちらが安いですか。どちらが信用できますか。どちらが早いですか。各面の情報をあわせて決めます。

決定してから、輸入形態を決めます。今二つの形態があります。一つは輸入者が買いたい商品を直接、外国の通信販売会社、小売店、メーカーなどに発注して、そこから直接購入する方法です。もうひとつは輸入代行業者に発注して、その代行業者を通じて輸入する方法です。個人輸入は簡単だから、自分で操作する方法を進めます。

買いたいものがわかって、自分で買うことを決めました。では、始めましょう。まずは発注です。いまE-mailで受注するショップが大部分です。選択したショップのサイトで商品、色を確認してショッピングカートへ入れます。数量、住所、名前、電話番号などの情報を記入して、クリックします。とても便利です。

発注してから、送金するところになりました。コンビニ、銀行振込またはクレジットカードにてお支払いができます。

普通は発注と送金後、販売会社からの確認メールがあります。

販売会社は入金してから、商品を発送します。国際郵便とか国際宅配便とかまたは船便、航空便を利用します。これでうまくすると1週間ぐらいで荷物が日本に届きます。一般的にはショップから発送したというメールがありましたら、追跡番号で確認しつつ、ひたすら待ちます。

一週間後、商品が届きました。欲しいものかどうか分かりました。もし理想なものであれば、成功しました。もしサイトでのものと違って、または破損があれば、販売会社と連絡して、交換又は返品について交渉します。

とても簡単でしょう。絶対一回試みましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です